新宿内藤とうがらし

江戸時代、新宿周辺はとうがらしの産地でした。当時の蕎麦ブームにのり内藤家の下屋敷で栽培された内藤とうがらしは江戸中で人気になったそうです。それから数百年、宅地化が進み生産も途絶えていたのですが、2010年に新宿地域活性化の為に内藤とうがらしを復刻させ、現在では毎年10月にフェアを開催するなど新宿を上げての大プロジェクトになっているユニークな製品です。その味は辛みの中にも濃厚な味わいの旨みが広がり、唐辛子ファンにはぜひお試しいただきたい逸品です。
21